複数行の入力フィールド

textarea

XHTML辞典 >  複数行の入力フィールド textarea

スポンサード リンク

複数行の入力が可能なテキスト入力フィールドを作成する要素です。
この要素の内容として配置された文字は、このフィールドにあらかじめ入力された状態で表示されます。
フォームのデータが送信される場合には、name属性で付けた名前とデータが組になった形でサーバーに送られます。
この要素は必ずしもフォームの内容として使用しなければならないわけではなく、通常のブロックレベル要素やインライン要素の中で、ユーザーインターフェイスのひとつとして使用することができます。

属性

rows="行数" (必須属性)

入力フィールドの表示行数を指定します。
この値によって入力可能な行数が制限されるわけではありません。

cols="幅" (必須属性)

入力フィールドの表示幅を文字数で指定します。
実際に表示される入力フィールドの幅は環境によって大きく異なります。
この値によって入力可能な行数が制限されるわけではありません。

name="名前"

この部品の名前を指定します。
フォームのデータが送信される場合は、この名前とデータが組になって送信されます。
ラジオボタンやチェックボックスで共通する項目の選択肢として利用するものには、同じ名前を付けるようにしてください。
なお、form属性内で使用されるinput要素のname属性の有効範囲は、そのform要素内に限られます。

disabled="disabled"

その部品に対して、選択や変更などの操作をできないようにする場合に指定します。
この属性が指定されている部分のデータはサーバーに送信されません。

readonly="readonly"

その部品に対して、変更ができないようにする場合に指定します。
ただし、選択することは可能で、データはサーバーに送信されます。

tabindex="Tab移動順"

タブキーを押して項目間を移動させる場合の、順序を指定します。指定できる値は0〜32767の数字で、小さなものから順に移動します。
ただし、この属性が指定されていない要素は、この属性が指定されている要素の後に移動します。
同じ値が設定されている場合はより前にあるものが優先されます。

accesskey="ショートカットキー"

ショートカットキーを割り当てます。値としては文字コード中の任意の1文字を指定できます。
Windowsであれば「altキー」、Macintoshであれば「controlキー」を同時に押して利用します。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<p>
<label>textarea:</label><br />
<textarea rows="2" cols="20" name="textarea">textarea</textarea>
</p>


textarea要素内に子要素として配置することができる要素
インライン要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典