データセル

td

XHTML辞典 >  データセル td

スポンサード リンク

表のひとつのセルで、そのセルの内容がデータであることをあらわす要素です。
そのセルの内容が列(行)の見出しである場合はth要素を使用します。
見出しかデータか明確にできない場合はtd要素を使用します。

属性

rowspan="下方向の連結セル数"

このセルを、下方向に指定したセル数分の領域を持ったひとつのセルにする場合のセル数を指定します。
初期値は1です。値として0を指定すると、そのセルから下方向に、それが含まれるグループ(thead要素、tbody要素、tfoot要素)の範囲のすべてのセルの領域を持ったひとつのセルになります。この属性を利用した場合、このセルの後に続くセルで、本来このセルの領域部分にあるべきセルは配置しないようにしてください。

clspan="右方向の連結セル数"

このセルを、右方向に指定したセル数分の領域を持ったひとつのセルにする場合のセル数を指定します。
初期値は1です。値として0を指定すると、そのセルから右方向に、それが含まれるグループ(colgroup要素)の範囲のすべてのセルの領域を持ったひとつのセルになります。この属性を利用した場合、このセルの後に続くセルで、本来このセルの領域部分にあるべきセルは配置しないようにしてください。

align="行揃え"

指定したグループに含まれる各セル内のデータの行揃えを指定します。

行揃え

valign="縦方向の位置揃え"

指定したグループに含まれる各セル内のデータの縦方向の配置位置を指定します。

縦方向の位置揃え

char="位置を揃える文字"

align属性で「 char 」を指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。
初期値はピリオドです。

charoff="位置を揃える文字までの距離"

align属性で「 char 」を指定した場合の、セルの端からchar属性で指定した文字までの距離を「 ピクセル数 」「 % 」で指定します。
セル内にchar属性で指定した文字が含まれまれない場合には、末尾がchar属性で指定した文字の位置の直前に揃えられます。

abbr="セルの内容を短くしたもの"

セル(通常はヘッダセル)の内容を簡略化した短い内容を指定します。
たとえば、内容を音声で表現するブラウザの中には、列の見出しとデータの対応を明確にするために各セルのデータごとに見出しも読み上げるものがあります。そのような場合に、繰り返して何度も読み上げられる簡略化した見出しとして、この属性を利用することができます。
また、表を表示するための十分な表示領域がない場合にもここで指定した内容が利用できます。

axis="セルの分類名"

セル(通常はヘッダセル)に対して分類名をつけます。「 , 」で区切って複数の分類名を指定することもできます。この場合、このヘッダセルに関連するデータセルは、headers属性かscope属性によって関連付けられる必要があります。
この属性は、主に内容が音声で表現されるブラウザで、必要最低限の情報を抽出したい場合などに利用されます。

headers="関連するヘッダセルのid"

このセルの見出しになっているヘッダセルのid属性の値を指定します。
スペースで区切って、複数指定することができます。
この属性は、主に内容が音声で表現されるブラウザで、各データセルの内容を読み上げる前に、対応するヘッダセルの内容を読み上げるようにするなどの目的に利用されます。

scope="ヘッダセルの対象となるデータセルの範囲"

このヘッダせるによる見出しの対象となるデータセルの範囲を指定します。
表が比較的簡単な形式の場合に、headers属性の代わりとして利用することができます。

ヘッダセルの対象となるデータセルの範囲

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<table border="1">
<tbody>
<tr>
<th colspan="2">見出しセル</th>
</tr>
<tr>
<td>データセル1</td>
<td rowspan="2">データセル2</td>
</tr>
<tr>
<td>データセル3</td>
</tr>
</tbody>
</table>

見出しセル
データセル1 データセル2
データセル3
td要素内に子要素として配置することができる要素

この要素には下記の要素を必要な数だけ任意の順序で配置できます。

ブロックレベル要素
インライン要素
その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典