table

XHTML辞典 >  表 table

スポンサード リンク

その範囲が表であることを示す要素です。
表のタイトルやセルなどの表を構成する要素は、すべてこの要素内に配置されます。
基本的な構造は、tr要素が表の横1列(1行)をあらわし、その中の各セルはth要素、またはtd要素で示します。

属性

summary="概要"

表の構造や意味などの概要を記述します。
この概要は、視覚的な表現ができない環境(音声や点字)で利用されます。

width="幅"

表全体の横幅を「 ピクセル 」または「 % 」で指定します。

border="外枠の太さ"

表全体を囲う外枠の太さを「 ピクセル 」または「 % 」で指定します。

frame="外側の表示形式"

表全体を囲う外枠のうち、上下左右のどの枠を表示させるかを指定します。

外側の表示形式

rules="セルを区切る線の表示形式"

表の中のセルを区切る線のうち、どの線を表示するかを指定します。

セルを区切る線の表示形式

cellspacing="セルの間隔"

表全体を囲う外側とセルの間隔を「 ピクセル 」または「 % 」で指定します。

cellpadding="セルのパディング"

セルの内容とセルの枠との間隔を「 ピクセル 」または「 % 」で指定します。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<table summary="二行二列の表のサンプル" width="200" border="1" cellpadding="1" cellspacing="1">
<caption>表の説明</caption>
<tbody>
<tr>
<td>セル1</td>
<td>セル2</td>
</tr>
<tr>
<td>セル3</td>
<td>セル4</td>
</tr>
</tbody>
</table>

表の説明
セル1 セル2
セル3 セル4
table要素内に子要素として配置することができる要素

この要素には下記の子要素を配置できます。
順番は

その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典