スタイルシート

style

XHTML辞典 >  スタイルシート style

スポンサード リンク

head要素内にスタイルシートを組み込むための要素です。
文書中にスクリプトを組み込むための要素です。
スクリプトは、この要素の内容として記述することも、別ファイルから読み込むこともできます。

style要素の内容は、HTML4.01では「CDATA」、XHTMLでは「#PCDATA」として定義されています。
これは、XHTMLの場合はstyle要素の内容であってもタグや「<」などの実体参照を認識してしまうということを意味します。
したがって、style要素の内容を「<!-- 〜 -->」で囲ってしまうと、ブラウザによってはそれが本当のコメントとして認識されて、スクリプトが無視される可能性があります。
これを解決する方法として などありますが現在のところ外部スタイルシートにする方法が確実な方法だといえます。

属性

type="MIMEタイプ" (必須属性)

スタイルシート言語のMIMEタイプを指定します。
たとえば、CascadingStyleSheetsのMIMEタイプは「 text/css 」です。

media="メディアタイプ"

スタイルシートを適用させる出力対象メディアタイプを指定します。
初期値は「screen」、「 , 」で区切って複数のメディアタイプを指定することもできます。

メディアタイプ

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<head>
<style type="text/css">スタイル</style>
</head>

style要素内に子要素として配置することができる要素

この要素に配置できるのは、「スタイルシート」である文字データだけです。
実際に配置する方法としては、<style type="text/css"><![CDATA[ 〜スタイル〜 ]]></style>などとします。

その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典