メニュー

select

XHTML辞典 >  メニュー select

スポンサード リンク

メニューを作成する要素です。
メニューの選択肢は、select要素の内容であるoption要素によって指定されます。
表示形式はブラウザに依存しますが一般的にはプルダウンメニューで表示され、size属性が指定されている場合にはリストボックスとして表示されます。
この要素はフォームの内容として使用するだけでなく、通常のブロックレベル要素やインライン要素の中で、ユーザーインターフェイスのひとつとして使用することができます。

属性

name="名前"

メニューの名前を指定します。
フォームのデータが送信させる場合は、この名前とデータが組になって送信されます。

size="行数"

select要素をリストボックスとして表示する場合の表示行数を指定します。一般的にこの属性を指定することでプルダウンメニューではなく、リストボックスとして表示されるようになります。

multiple="multiple"

選択肢の中から複数を選択できるようにする場合に指定します。

disabled="desabled"

選択や変更ができないようにする場合に指定します。
この属性が指定されているメニューのデータは、サーバーに送信されません。

tabindex="Tab移動順"

タブキーを押して項目間を移動させる場合の、順序を指定します。
指定できる値は0〜32767の数字で、小さなものから順に移動します。
ただし、この属性が指定されていない要素は、この属性が指定されている要素の後に移動します。
同じ値が設定されている場合はより前にあるものが優先されます。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<select name="select" disabled="disabled">
<option value="1" selected="selected">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>
<select name="select" multiple="multiple" size="3">
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>

select要素内に子要素として配置することができる要素

この要素に配置できるのはoption要素とoptgroup要素だけです。いずれか一方を必ずひとつ以上配置する必要があります。
両方の要素を配置する場合の順序は任意で、それぞれ複数配置することができます。

その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典