スクリプト

script

XHTML辞典 >  スクリプト script

スポンサード リンク

文書中にスクリプトを組み込むための要素です。
スクリプトは、この要素の内容として記述することも、別ファイルから読み込むこともできます。

script要素の内容は、HTML4.01では「CDATA」、XHTMLでは「#PCDATA」として定義されています。
これは、XHTMLの場合はscript要素の内容であってもタグや「<」などの実体参照を認識してしまうということを意味します。
したがって、script要素の内容を「<!-- 〜 -->」で囲ってしまうと、ブラウザによってはそれが本当のコメントとして認識されて、スクリプトが無視される可能性があります。
これを解決する方法として などありますが現在のところ外部スクリプトにする方法が確実な方法だといえます。

属性

type="MIMEタイプ" (必須属性)

スクリプト言語のMIMEタイプを指定します。
たとえば、JavaScriptのMIMEタイプは「 text/javascript 」VBScriptの場合は「 text/vbscript 」です。

src="URI"

スクリプトを記述した別のファイルのURIを指定します。
この属性が指定された場合には、script要素の要素内容は無視されます。

charset="文字コード"

src属性で示される別ファイルの文字コードを指定します。

defer="defer"

このスクリプトが文書に表示される内容を一切生成しないことを明示します。
この属性を指定することによって、後に続く内容をすぐに表示させることができます。画像を前もってロードしておくようなスクリプトなどに利用すると便利です。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<script type="text/JavaScript" src="script.js"></script>

※ script.jsの内容 document.write('JavaScript');

script要素内に子要素として配置することができる要素

この要素に配置できるのは、「スクリプト」である文字データだけです。
実際に配置する方法としては、<script type="text/JavaScript"><![CDATA[ <!-- スクリプト --> ]]></script>などとします。

その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典