選択肢

option

XHTML辞典 >  選択肢 option

スポンサード リンク

select要素で作成されるメニューの選択肢となる要素です。
通常はoption要素の内容がメニューの選択肢として表示されますが、label属性が指定されている場合はその値が優先して表示されます。

属性

selected="selected"

選択肢をあらかじめ選択された状態にします。

value="値"

この選択肢が選択されている時に、サーバーに送信される値を指定します。
この属性が指定されていない場合には、option要素の内容が送信されます。

label="label"

option要素の内容よりも優先して表示される選択肢を指定します。
主にoptgroup要素によって選択肢がグループ化されて表示される場合の選択肢として利用します。

disabled="desabled"

その選択肢を選択できないようにする場合に指定します。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<p>
<select name="select">
<option value="1" selected="selected">1</option>
<option disabled="disabled" value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>
</p>

option要素内に子要素として配置することができる要素

この要素に配置できるのは文字データだけです。

インライン要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典