オブジェクト

object

XHTML辞典 >  オブジェクト object

スポンサード リンク

文書中に画像、動画、音声、JAVAアプレット、各種プラグインデータ、他のHTML文書など、さまざま形式のデータを配置することのできる汎用的な要素です。
object要素は、指定された形式のデータをブラウザが取り扱うことができる場合には、その要素内容を無視する仕様になっています。このことは、本来利用して欲しい形式のデータから順に入れ子にして用意しておくことで、ユーザーの利用しているブラウザが取り扱い可能な、もっとも外側のデータ形式を採用させることができるということを意味します。

属性

data="URI"

オブジェクトとして配置するデータのURIを指定します。
相対URIが指定された場合には、codebase属性が指定されていれば、それを基準としたURIを参照します。

type="MIMEタイプ"

data属性で指定されるデータのMIMEタイプを指定します。
この属性は必須ではありませんが、ブラウザがサポートしていない形式のデータをロードしてしまうことを避けるためにも指定しておいた方がいいでしょう。

classid="URI"

JAVAやActiveXなどの実行プログラムのURIを指定します。
使用するオブジェクトによって、data属性で指定するデータの代わりに使用したり、一緒に使用することもできます。相対URIが指定された場合には、codebase属性が指定されていれば、それを基準としたURIを参照します。

codetype="MIMEタイプ"

classid属性で指定されるデータのMIMEタイプを指定します。
この属性は必須ではありませんが、ブラウザがサポートしていない形式のデータをロードしてしまうことを避けるためにも指定しておいた方がよいでしょう。この属性が指定されていない場合、デフォルトとしてtype属性の値が利用されます。

archive="URI"

オブジェクトに関連するファイルをまとめたアーカイブのURIを指定します。
スペースで区切って複数指定することができます。
この属性を利用すると、複数のファイルを少ないコネクションでロードできるので、ロード時間が短縮されます。
相対URIが指定された場合には、codebase属性が指定されていれば、それを基準としたURIを参照します。

codebase="URI"

data属性・classid属性・archive属性で指定された場合の、基準となるURIを指定します。
この属性が指定されていない場合には、現在のURIが基準となります。

width="幅"

オブジェクトの幅を「 ピクセル数 」または「 % 」で指定します。

width="高さ"

オブジェクトの高さを「 ピクセル数 」または「 % 」で指定します。

usemap="URI"

map要素のid属性で指定されている名前を指定して、オブジェクトにクライアントサイド・イメージマップを対応させます。
一般的には「 #名前 」の形式で指定されます。

declare="declare"

この属性が指定された場合は、そのオブジェクトは宣言のみされたことになり、実行されません。
実行するには、ボタンやリンクなどを利用します。

standby="ロード中のメッセージ"

オブジェクトをロードしている間に表示させるメッセージを指定します。

name="名前"

他から参照することができるようにするための名前を指定します。

tabindex="Tab移動順"

タブキーを押して項目間を移動させる場合の順序を指定します。
指定できる値は0〜32767の数字で、小さなものから順に移動します。
ただし、この属性が指定されていない要素は、この属性が指定されている要素の後に移動します。
同じ値が設定されている場合はより前にあるものが優先されます。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<div>
<object data="object.gif" type="image/gif" width="200" height="100">
<img src="object.gif" width="90" height="35" alt="objectの画像" />
</object>
</div>

objectの画像
object要素内に子要素として配置することができる要素

この要素には下記の要素を必要な数だけ任意の順序で配置できます。
ただし、param要素を配置する場合には、ほかの要素よりも前に配置するようにします。

ブロックレベル要素
インライン要素
その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典