画像

img 空要素

XHTML辞典 >  画像 img

スポンサード リンク

指定した位置に画像を配置する要素です。
src属性で指定したURIの画像にインラインで置き換えられて表示されます。
画像の形式としては、JPEGやGIFが一般的ですが、PNG形式もサポートしています。

属性

src="URI" (必須属性)

表示させたい画像のURIを指定します。

alt="代替テキスト" (必須属性)

画像が表示できない場合に、代わりに表示させるテキストを指定します。

longdesc="URI"

画像部分についての詳しい情報があるページのURIを指定します。
特に画像がグラフやイメージマップである場合など、alt属性では指定しきれないような長い文章が必要な場合に利用されます。

width="幅"

画像の高さを「ピクセル数」または「 % 」で指定します。
なお、この属性には画像の実際の幅以外の幅を指定することもできます。

height="高さ"

画像の高さを「ピクセル数」または「 % 」で指定します。
なお、この属性には画像の実際の高さ以外の高さを指定することもできます。

usemap="URI"

map要素のid属性で指定されている名前を指定して、画像にクライアントサイド・イメージマップを対応させます。一般的には「 #名前 」の形式で指定されます。

ismap="ismap"

サーバーサイド・イメージマップを使用する場合に指定します。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<p>
<img src="img.gif" width="80" height="50" border="0" alt="imgタグの表示の例" />
</p>

imgタグの表示の例

スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典