入力フォーム

form

XHTML辞典 >  入力フォーム form

スポンサード リンク

入力フォームを構成するたのさまざまな部品を含み、そのデータの取り扱いに関する指定を行う要素です。
ユーザーが送信ボタンを押すとフォームの内容はaction属性で指定されたURIのプログラムなどへ送信されます。

属性

action="URI" (必須属性)

送信されたフォームを処理するプログラムのURIを指定します。

method="HTTPメソッド"

フォームのデータを送信する際に、どのHTTPメソッドを使用するかを指定します。

enctype="MIMEタイプ"

フォームのデータを送信する際のMIMEタイプを指定します。初期値は「 application/x-www-form-urlencoded 」です。type属性の値が「 file 」であるinput要素を含む場合には、「 multipart/form-data 」を指定する必要があります。

accept-charset="文字コード"

サーバーのプログラムがデータとして受付可能な文字コードを指定します。
「 , 」やスペースで区切って複数指定することができます。デフォルトは「 UNKNOWN 」です。

accept="MIMEタイプ"

サーバーのプログラムが、データとして処理可能なMIMEタイプを指定します。
「 , 」やスペースで区切って複数指定することができます。
input要素のtype属性の値が「 file 」の場合に、選択できるファイル制限が可能になります。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<form method="POST" action="form.cgi">
<p>
text:<input size="20" type="text" name="text" /><br />
radio1<input type="radio" name="sex" checked="checked" /> radio2<input type="radio" name="sex" /><br />
checkbox1<input type="checkbox" name="check1" /> checkbox2<input type="checkbox" name="check2" /><br />
option:<select>
<option value="0">項目1</option>
<option value="1" selected="selected">項目2</option>
</select><br />
textarea:<br />
<textarea rows="2" cols="20"></textarea><br />
<input type="submit" value="submit" /> <input type="reset" value="reset" />
</p>
</form>

text:
radio1 radio2
checkbox1 checkbox2
option:
textarea:

 

form要素内に子要素として配置することができる要素

この要素には下記の要素を必要な数だけ任意の順序で配置できます。
ただし、form要素の内容には、たとえ子要素(子孫となる要素もすべて含む)の内部であっても、ほかのform要素を一切含むことができません。
XHTML1.1の場合は、いずれかの要素をひとつ以上配置する必要があります。

ブロックレベル要素
その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典