表縦列の属性値共有

col 空要素

XHTML辞典 >  表縦列の属性値共有 col

スポンサード リンク

表の縦列に対して属性やスタイルシートをまとめて設定するための要素です。
colgroup要素とは異なり、縦列を構造的にグループ化するものではありません。
この要素やcolgroup要素で格縦列の幅を指定しておくことで、すべての表データをロードされるのを待たずにデータを横1列ずつ表示させることも可能になります。
なお、この要素はtable要素内のcaption要素よりも後、thead要素よりも前にあたる位置に配置する必要があります。
また、この要素は、colgroup要素の内部でも利用できますが、その場合はすべてのcol要素をcolgroup要素の中に配置します。

属性

span="対象とする縦列数"

属性やスタイルシートを設定するための対象とする縦列の数を1以上の整数で指定します。この属性が指定されていない場合は1が指定されている状態になります。

width="縦列の幅"

指定した範囲に含まれる各縦列の初期値の幅を指定します。ここで指定する幅には、「ピクセル数」、「%」、比率をあらわす「*」、必要最小限の幅をあらわす「0*」を指定することもできます。
なお、colgroup要素で幅が指定されている場合でも、その内部のcol要素で幅を指定すると、col要素での指定が優先されます。

align="行揃え"

指定した範囲の縦列に含まれる各セル内のデータの行揃えを指定します。

行揃え

valign="縦方向の位置揃え"

指定した範囲の縦列に含まれる各セル内のデータの縦方向の配置位置を指定します。

縦方向の位置揃え

char="位置を揃える文字"

align属性で「char」を指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。
初期値はピリオドです(lang属性で示される言語での小数点をあらわす文字)。

charoff="位置を揃えるまで文字までの距離"

align属性で「char」を指定した場合の、セルの端(初期値は左側)からchar属性で指定した文字までの距離を「ピクセル数」または「%」で指定します。
セル内にchar属性で指定した文字が含まれていない場合には、末尾がchar属性で指定した文字の位置の直前に揃えられます。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<table border="1">
<col span="1" width="100" align="center" />
<col span="2" width="150" align="right" />

<tbody>
<tr>
<td>セル1</td>
<td>セル2</td>
</tr>
<tr>
<td>セル3</td>
<td>セル4</td>
</tr>
</tbody>
</table>

セル1 セル2
セル3 セル4
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典