アンカー

a

XHTML辞典 >  アンカー a

スポンサード リンク

リンクのアンカーにする要素です。
文書の特定の部分を到達点としたい場合は、id属性を使用して、そこに名前(識別子)を付けておきます。この場合、出発点側のhref属性で『 URI#名前 』と指定することで、その文書内のその位置へとリンクの到達点となることができます。
しかし、現時点では、到達点としてのid属性をサポートしていないブラウザも多く存在します。
XHTML1.0 で、問題なく利用できる到達点を指定するためには、id属性とname属性の両方を同時に指定しておくようにしてください。その場合、両属性の値は、まったく同じ名前を指定しなければならないことに注意してください。
ただし、XHTML1.1 の場合はname属性は使用できませんのでid属性だけ指定することになります。
id属性で名前を付けられた要素は、a要素以外でもリンクの到達点となることができます。

属性

href="URI"

リンク先のURIを指定します。

charset="文字コード"

リンク先の文字コードを指定します。

hreflang="言語コード"

リンク先の基本となる言語コードを指定します。

type="MIMEタイプ"

リンク先のMIMEタイプを指定します。

name="名前"

リンクの到達点とするための名前を指定します。名前には、その文書中で重複しないものを指定します。
この属性はXHTML1.0のみ使用できます。

rel="リンクタイプ"

この文書から見たhref属性で指定されるリンク先との関係を指定します。空白文字で区切って複数のリンクタイプを指定することができます。

rev="リンクタイプ"

href属性で指定されるリンク先から見た、この文書との関係を指定します。空白文字で区切って複数のリンクタイプを指定することができます。

リンクタイプ

shape="領域の形状"

クライアントサイド・イメージマップを定義する場合の、ユーザーの操作に反応する領域の形状を指定します。

領域の形状

coords="領域の座標"

クライアントサイド・イメージマップを定義する場合の、shape属性で指定した形状の各座標を「,」で区切って指定します。shape属性の値によって、それぞれ次のように指定します。

領域の座標

画像の左上を起点(0,0)とした座標です。
座標はピクセル数または % で指定できます。
多角形の座標を指定する場合には、最初と最後の座標が同じになるようにしてください。

tabindex="Tab移動順"

タブキーを押して項目間を移動させる場合の、順序を指定します。指定できる値は0〜32767の数字で、小さなものから順に移動します。
ただし、この属性が指定されていない要素は、この属性が指定されている要素の後に移動します。
同じ値が設定されている場合はより前にあるものが優先されます。

accesskey="ショートカットキー"

ショートカットキーを割り当てます。値としては文字コード中の任意の1文字を指定できます。
Windowsであれば「altキー」、Macintoshであれば「controlキー」を同時に押して利用します。

汎用属性

class、id、title、style、lang、dir、xml:lang

Sample

<a href="http://www.uri/">リンク</a>
<a href="mailto:webmaster@my.com">メール</a>

XHTML1.0
<a id="contents" name="contents">目次</a>

XHTML1.1
<a id="contents">目次</a>

リンク メール 目次 (※設置例のためリンク先はありません)

a要素内に子要素として配置することができる要素

この要素には下記の要素を必要な数だけ任意の順序で配置できます。

インライン要素
その他の要素
スポンサード リンク
▲TOP

XHTML辞典