XHTMLについて

XHTML辞典 > XHTMLについて

スポンサード リンク

XHTML1.0

XHTML1.0はHTMLで使用できる要素や属性をそのまま利用して、XMLの規則にしたがって定義しなおしたものです。したがって、基本的にはHTMLと同じように記述することができます。
XHTMLの文法に従って書かれた文章は、XML関連のツールで処理したり、組み合わせて利用可能です。
またXHTMLはブラウザでも利用できるように設計されています。

XHTML1.1

XHTML1.0が公開された後、XHTML1.0の内容を基に関連する機能別のモジュール(テキスト、リスト、テーブル、画像など)に分割し、それに加えて、新しいモジュールの定義方法や、それらを組み合わせて新しい文書型を定義する方法なども定義されました。
このモジュールを組み合わせてXHTML1.0 Strictを再現し、それにルビのモジュールを追加したものがXHTML1.1です。

XHTML1.0とXHTML1.1の違い

この「XHTML辞典」では、非推奨の要素や属性は説明をしていません。
XHTML1.0と記載の箇所は、XHTML1.0Strictを指します。また、XHTMLと記載の箇所は、XHTML1.0StrictとXHTML1.1を指します。
スポンサード リンク
▲TOP 基礎1→

XHTML辞典